-GRAPHICS- VISUAL COMPANY

ホーム > プロフィール(会社概要)




プロフィール

【一番大切にしているのはクリエイティブの要「トップヴィジュアル」】

青いクリームのケーキと、白いクリームのケーキなら、あなたはどちらを食べたいと思うでしょうか。人間は90%”見た目”で物事を印象づけるとわかっています。本だったら表紙、Webならトップページ。そこで人を惹き付けるから、そこから入る。

私たちは「デザインという分野は『ヴィジュアル』が大事」と考え、制作物のヴィジュアル面に最も力を注ぎます。お客様にとって大切な制作物なので、ヴィジュアルを大切に創りたい。ヴィジュアルを大切にする会社、そんな思いで社名を「ヴィジュアル・カンパニー」と名付けました。

【他社には負けない。自信があるからこそできるデザイン】

大手化粧品会社Sの広告デザインを長年手がけてきた経験から、美の領域って何だろう?と常に考え徹底的に追及してきました。

その結果、どんどんデザインにのめりこんでいく、その貪欲な姿勢はどこにも負けません。また、これまでのクライアントさまからは、今までとは違った視点でのデザインを希求されることが多く、常に新しいことを考える癖が習慣づいています。

だからどんなご要望でも「スゴい!」と驚いてもらえる自信があるし、そんな仕事を常に心がけています。「コーディネートとヴィジュアルで魅せ、斬新で革命的な、今まで誰も気づかなかったような、新しい価値を見出す。」それでお客様にも本当に喜んでもらえるデザインをしたいと思っています。


【お客様のご要望をお聞かせください】

私たちはデザインにおいては、「カッコいいだろう」というこちらの自己満足を押しつけるだけではダメだと考えています。きちんとお客様にぶつかり、しっかりとご要望をお伺いする。その上で「意思をカタチに」していくことを基本にしています。

社風やコーポレートカラーだけではなく、ご担当者さまの好みも考慮しながら作成します。また、弊社の基本姿勢として、いつもデザイン案は3案お出しするようにしています。お客様の「これイイネ!」を少しでも多く創ることと、修正回数を減らすことで納品までをスピーディに行えるようにしています。

最後にデザインとは、機能的でいながら美しくあることだと思います。そのために必要なのは「インスピレーション」。新たな表現の発見が、感動を喚起させるのです。私たちヴィジュアル・カンパニーはお客様の”意思をカタチ”にします。
名称

株式会社ヴィジュアル・カンパニー

設立 

平成19年10月4日

所在地

〒164-0011
東京都中野区中央2-12-9佐野レジデンス201
E-mail info@visual-c.jp

代表者 代表取締役  佐藤 雅人
事業内容

広告デザイン全般 企画立案 Web制作

ノベルティ企画 印刷加工

取引銀行

みずほ銀行 中野坂上支店 

主要取引先

資生堂ジャパン株式会社

株式会社ザ・ギンザ

資生堂アメニティグッズ株式会社
ホテルイースト21東京

これらは一例です。お客さまはどのようなデザインをご希望されますか? お客さまのご要望をお聞かせください。